動物愛護週間について|福島県玉川村

未来(あす)が輝く村づくり、”元気な”たまかわ

なし

あり

ふりがな

文字サイズ

標準

特大

動物愛護週間について

玉川村ホームページトップ > お知らせ >  新着情報 > 動物愛護週間について 

更新日:2020年8月 3日 00:00

新着情報

環境衛生係

動物愛護週間について

 9月20日から26日は動物愛護週間です。

 動物は、愛情と責任を持って最期まで飼いましょう。

ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」無料上映会

 福島県動物愛護センターでは、動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるため、動物愛護週間事業として映画の無料上映会を実施いたします。

 上映会の詳細については別添(ページ下部)のチラシをご確認ください。

日時:令和2年9月27日(日)13時~ ※12時30分受付開始

場所:三春交流館まほら(三春町字大町191)

問い合わせ先:福島県動物愛護センター 024-953-6400

犬の適正飼養について

(1)生後91日以上の犬は、登録と、年1回の狂犬病予防注射を受けさせ、鑑札と注射済票は、犬の首輪等に必ずつけましょう。

(2)飼い犬を迷子にさせないでください。

  ・リードや首輪の点検を定期的に行い、万が一のために迷子札もつけましょう。

(3)犬の散歩の際は、必ずリードをつけ、フンは持ち帰りましょう。

(4)日常のトラブルを防ぐため、正しいしつけをしましょう。

猫の適正飼養について

(1)猫は「室内飼い」をしてください。

  ・交通事故、病気、迷子、近隣へのフン尿の被害を防ぐため、また、災害時に同行避難ができるように室内で飼いましょう。

(2)飼い猫が迷子になったときのために、迷子札をつけましょう。

(3)野良猫に餌を与えた結果、不幸な子猫が生まれるケースが増えています。

  ・野良猫に餌を与えている方は、その猫の管理者(飼育者)となります。

   猫に不妊去勢手術を受けさせ、フン尿の後始末は管理者が責任を持って行い、まわりに迷惑をかけないようにしましょう。

不幸な子犬や子猫を増やさないために、不妊去勢手術を受けさせましょう。

災害への備えについて

 ペット用の避難用品(キャリーバック、フード、トイレ用品など)を事前に準備しておきましょう。

ペットが逃げてしまったら

 飼犬・飼猫が逃げてしまったら、福島県動物愛護センター、村役場等へすぐに連絡しましょう。

新しい飼い主さんを募集しています

 動物愛護センターでは、保護された犬や猫を愛情と責任を持って飼養できる方へ譲渡しています。

 譲渡を希望される方は、福島県動物愛護センター(024-953-6400)まで御連絡ください。

このページに関するお問い合わせ先

【住民課 環境衛生係】
〒963-6392 福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9 電話:0247-57-4624