令和2年度 子どものインフルエンザ予防接種費用一部助成について|福島県玉川村

未来(あす)が輝く村づくり、”元気な”たまかわ

なし

あり

ふりがな

文字サイズ

標準

特大

令和2年度 子どものインフルエンザ予防接種費用一部助成について

玉川村ホームページトップ > 暮らしの情報 >  健康・福祉・介護 > 令和2年度 子どものインフルエンザ予防接種費用一部助成について

更新日:2020年10月12日 00:00

健康・福祉・介護

保健衛生係

令和2年度 子どものインフルエンザ予防接種費用一部助成について

村では、子どものインフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。インフルエンザは通常の風邪とは異なり、高熱や関節痛、筋肉痛などの症状が全身に現れ、重症化すると肺炎などの合併症を引き起こすことがありますが、予防接種を受けることで重症化を予防することができます。

今年度に関しては、新型コロナウイルス感染症との同時流行を避けるため、助成対象者を拡大し、助成額も増額しています。この予防接種は任意の予防接種(個人の判断で接種するかどうか決めるもの)ですので、接種を希望する方は下記事項をよくお読みの上接種を受けてください。

対象者

玉川村に住所を有し、接種日当日に満1歳~18歳(高校3年生相当

※「高校3年生相当」とは平成14年4月2日~平成15年4月1日生まれの方で、就学の有無は問いません。

接種期間

令和2年10月1日~令和3年1月31日まで

※国より優先的な接種対象者について、①予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)、②医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する者、妊婦、乳幼児(生後6ヶ月以上)から小学校低学年(2年生)までの方々としており、①以外の方は可能な限り10月26日まで接種をお待ちいただくようご協力をお願いします。

助成金額    

接種期間中 1人1回分のみ 上限 4,000 円 

※2回接種する場合でも、1回分のみの助成となりますのでご注意ください。 

実施医療機関と助成方法

◎郡内の医療機関で接種する場合    

 助成手続きは不要です。
 医療機関の設定する接種料金から村助成額(4,000円)を差し引いた額を、医療機関窓口でお支払いください。

◎郡外の医療機関で接種する場合      

 助成手続きが必要です。

 一度医療機関窓口で全額自己負担で接種した後、村保健センターで助成申請を行ってください。

 後日、指定の口座に村助成金(上限4,000円)をお振込みいたします。

  【必要書類】 法定外予防接種助成申請書.pdf(保健センター窓口にも備え付けてあります)、領収書、

         印鑑(スタンプ式は不可)、振込先預金通帳

  【申請期限】 令和2年10月1日~令和3年2月28日まで

その他

・医療機関には事前に電話予約をしてください。予診票は各医療機関に備え付けてあります。

・接種料金は医療機関によって異なります。

・接種期間前や期間を過ぎて受けたものに関しては、助成の対象となりませんのでご注意ください。

・インフルエンザの予防接種を2回受ける場合の接種間隔は、接種後、およそ2~4週間です。

 ※国のガイドライン等から、13 歳以上の者が接種を受ける場合には、医師が特に必要と認める場合を除き

  「1回接種」が目安となっています。

・鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対して、アレルギーを呈するおそれのある方は医師にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

【健康福祉課 保健衛生係】
〒963-6312 福島県石川郡玉川村大字小高字中畷16-1(玉川村保健センター内) 電話:0247-37-1024