玉川村について|福島県玉川村

未来(あす)が輝く村づくり、”元気な”たまかわ

玉川村について

玉川村について

玉川村の沿革

 往古、源頼義の一族石川安芸守源有光が石川の地66郷を領し、本村はその一部でした。その後、蒲生・上杉・丹羽・松平・本多など諸公の領地となりましたが、寛保2年(1742年)以来幕領あるいは藩領として、明治維新を迎えました。以後明治2年より同5年まで白河県に属し、同5年4月磐前県に、同9年8月福島県に属するようになりました。
 明治22年市町村制度実施により、川辺・蒜生・小高・中・岩法寺・竜崎の各村を合併して泉村、南須釜・北須釜・吉・山小屋・山新田・四辻新田の各村を合併して須釜村となり、昭和30年3月31日市町村合併促進法に基づき、泉村と須釜村が合併し、現在の玉川村の誕生を見るにいたりました。

玉川村の位置

役場の位置 福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9
東経:140゚24' 北緯:37゚12' 海抜:262m
広がり 東西:11.3Km 南北:9.2Km
面 積 46.67平方km

村章

玉川村の頭文字「た」を図案化したもので、
村民の和と協力によって明るく豊かな村づくりに
着実に進む玉川村を象徴しています。


昭和49年4月1日制定


村民憲章

玉川村の住民としての誇りと責任を持ち、美しい自然と伝統ある郷土を愛し、さらに活力に満ちた魅力ある村づくりを進めるため、この憲章を制定し実践します。


  一 美しい自然と伝統を大切にし、住みよい村をつくりましょう。

  一 教養と文化を高め、心豊かな村をつくりましょう。

  一 健康で楽しく働き、活力ある村をつくりましょう。

  一 思いやりと連帯の心を養い、明るい村をつくりましょう。

  一 広い視野と創意を持ち、飛躍する村をつくりましょう。


昭和60年制定

村の花(山桜)

花王といわれる桜は、村の明るく豊かな村作りを象徴


村の木(赤松)

古来から長寿、節操を重んじる木として尊ばれ、村の弥栄を象徴


村の鳥(山鳩)

鳩に三枝の礼あり、平和を重んじ未来に羽ばたく村の飛躍発展を象徴