結婚新生活支援事業のお知らせ

補助金の申請

少子化対策の強化を目的に新規に婚姻した世帯に対して、住居費及び引っ越し費用の一部に対して補助金を交付します。

 

対象者要件

 ① 令和5年3月1日から令和6年3月31日までに婚姻届を提出し、受理され法律上の婚姻関係にある

 ② 夫婦の前年の総所得額が500万円未満

 ③ 補助を受けようとする年度の翌年度から1年以上継続して本村に定住する意思がある

 ④ 婚姻の日において、夫婦双方が39歳以下

 

補 助 率

 補助対象経費の総額とし、30万円を上限とする

 夫婦ともに29歳以下の場合は、60万円を上限とする

 ※補助対象経費の総額に1,000円未満の端数は切り捨てる

 

補助対象経費

 ① 婚姻を機に新たに村内に物件を購入又は賃貸に要した費用

 (物件の購入費、賃料、敷金、礼金等)

 ※勤務先から支給されている住宅手当を除く

 ② 引っ越し費用(運賃等)

アンケート回答について

玉川村結婚新生活支援事業で補助金を受給された場合には、「結婚新生活支援事業アンケート」にご回答いただき、
実績報告のご提出の際に合わせてご提出くださいますようお願いいたします。

結婚新生活支援事業アンケート(エクセル) (36.0KB)

結婚新生活支援事業アンケート(PDF) (430.6KB)

参考

さんきゅうパパプロジェクト

こども家庭庁では、配偶者の出産後2か月以内に半日または1日以上の休み(年次有給休暇、配偶者出産時等に係る特別休暇、育児休業等)を取得した男性の割合を、2025年には80%とすることを目標として、男性の休暇取得を推進しています。
配偶者の出産直後に男性が休暇を取得し、家族との時間を過ごすことで、父親であることを実感し、家族の結び付きを深め、育児や家事のきっかけにし、これまでの働き方や生活を見直す機会としていただければと思います。

さんきゅうパパプロジェクト準備BOOK(第3版) (6.8MB)

見えない家事!カジタンの旅

家事や育児をしていて、負担が大きい、自分ばかり頑張っていると感じたり、家族に駄目出しをされてしまったりした経験はないでしょうか。
そこには、「見えない家事」が関係しているかもしれません。
家事や育児はずっと続くもの。
これからの家事・育児について、ご家族で一緒に考えてみませんか。

見えない家事発見!カジタンの旅(福島県ホームページ)

このページに関するお問い合わせ先

企画政策課 地域創生係

〒963-6312
福島県石川郡玉川村大字小高字中畷9
0247-57-4628